• TOP >
  • 3つの専門性

3つの専門性

小児歯科

   

小児歯科・矯正歯科は専門医になるのは大学の小児歯科・矯正歯科教室に最低でも2 年以上在籍し各学会の認定医選定委員会の選考基準にパスして認定されます。早くて5 年以上が必要でしょう。5 年毎に更新の手続きが必要です。
当院は専門医が治療に当たりますのでご心配いりません。もし当院でも難症例の時は大学の各科にご紹介さしあげます。又、転勤引越の時は御近くの小児歯科を紹介さしあげます。

 

矯正歯科


健康的に美しい口元にするとともに、不自然な状態にある口の機能を正常に戻し、歯の寿命を長くすることにあります。これからはより国際的な社会がやってきます。
日本人と言えばメガネに出っ歯、首からカメラのイメージがあります。持ち物をいくら綺麗に着飾っても、美しく健康的な肉体が無ければ輝きません。美しい口元は人と人とのコミュニケーションの最初の第一歩です。

 

インプラント歯科

     

インプラントは失った歯の代わりをし他の歯にダメージを与えない物です。また現在では治療のEBM 確立し正確な手術、術後管理を行うと長期的機能を果たすものです。

 

専門性の高いスタッフ構成

当院は専門性を追及しておりますので高度な治療は専門医が治療し、アシスタントは全て歯科衛生士がおこないます。また予防処置、衛生指導などもすべて歯科衛生士が受け持っています。

  • 常勤歯科医師 2名(小児歯科専門医&インプラント専門医1名 歯科医師1名)
  • 非常勤歯科医師 3名(矯正歯科専門医1名、小児歯科教室所属2名)
  • 歯科衛生士 7名
  • 受付 2名
  • クリーンスタッフ7名
  • 院長は1979年大学卒業、1983年開業後30年の経験があり、小児歯科専門医、インプラント専門医を所持し一般から小児まで幅広く診療いたします。

ページのTOPへ